足を引っ張る

でかでかと張り上げた声も全て白昼夢の出来事のように瑣末なものとあしらわれる。深い人混みを掻い潜っては辿り着いたその先に待っている景色は果たして何色なのだろうか。

 

ロッキンジャパン2018に行きます。いいやろ。あーいろんなバンド、アーティストいっぱいおるなー、どこ行こかなと迷うわけですよ。でも正直あんまバンド知らんから、結局当たり障りのないステージに行って自己満足して帰宅するんですよ。そこで提唱したい。バンド増えすぎ問題。

 

いろんなバンドがあって、いろんな音色が銘々に奏でられてるってのはわかるけれども、どれもこれも似通った音にしか聞こえないんすよ。要は、おじいちゃんなんですよね、感性が。youtubeでいろんなバンドの曲を聴くけれども、どれもこれも聴いたことあるようなフレーズや、似たような曲調が蔓延っているような気がしてならない、みたいな混沌の坩堝に陥ってしまうわけですよね。困ったもんですね。

 

何がいいのかわからない、というフレーズを友人間でよく聞いたりすると思うんですよ。個人的に、そんなことばっか言ってる人は、多種多様な感性を受け入れることができない凡人だ、と思っています。ちなみに私はヒトリエやワニママイヘアオーラルその他有象無象の何がいいのかわかりません。ヒトリエはシャッタードールだけ好きです。

 

だからと言ってアンチになる、なんてこたあ絶対にない。YouTubeのPVに低評価をつけることもないし、アンチのようなコメントを残すこともない。

 

アンチの心情とはいかにってよくよく考える。アンチのコメントやらなんやらが改善案として取り上げられたりもするかもしれないし、アンチって一体全体何がしたいのかわからなくなる。叩いてその刹那的な鬱憤が晴らされるだけのような四天王最弱アンチは、結局その瞬間の感情に押し流さているだけの有象無象に過ぎないと最近思う。

 

もっと本格的にアンチをするなら、その叩く目標の家を監視して、叩く材料などを日中集め続ければいいだけなのに、何故それをしないのか、それがわからない。

 

足を引っ張る。この行為がどれほど愚かで、時間の無駄なのか、それを理解しつつアンチをしているアンチがどれほどいるのかはわからないが、自分に還元されない行為を費やす時間が多い人間ほど、構築されつつある自己がどれほど自分に費やされていなかったかがいつかわかる時がくるといいな、と思う。

 

他人の足を引っ張ることに意義を置いてしまって自分の身を案じられない人間ほど、馬鹿なもんはない。一度自分に積み上げられたもの、背景を眺めてみてはいかがだろう。学歴、趣味特技資格、学歴学歴学歴。あなたは一体何を持っていますか。あなたは他人の足を引っ張れるほどの時間を費やせるほどの余裕がありますか。この質問が届いた時に、いつか素晴らしい人間が蔓延る世の中になればと、ひたすらに、ひたむき、ただ。

 

 

価値

価値を決めるのは一体誰なんだ。あなたか?価値を決めるに相応しい人間とはどんなものだ。よく理解もせずに、あれはダメ、これはダメと決めてかかる人間には価値は選別し得ないのか。まあ偉い人が、あれは良いと言えばきっと良いものだ、とそれだけは私でもわかる。

 

いつの時代でも価値をつけられ続けてきたのだろうと言わんばかりの絵画、交響楽団、例を挙げられるのがこれぐらいなのは私が浅はかな知識しか持ち得ないだろうからか。

この絵画は素晴らしいものだ、と見せられても、言われてみればそうだね、としか答えられない、いや、もはやそう答えることすら烏滸がましい。ほんとうにその良さに気づいているのか?

私の経験談だが、中学2年の頃にルーヴル美術館に行って、生のモナリザを見てきた。有名どこで、サモトラケのニケ、ミロのヴィーナス、ハンムラビ法典とか色々あったんだけど、1番人だかりが出来ていたのはモナリザ前だった。だが、生で見た時の私の感想と言えば、「何が凄いのかがイマイチわからない」だ。ガイドさんに、「ダヴィンチと言えば、黒色の出し方が素晴らしく、黒の中にも奥行きが見えるような質感が淡く表現されている」だとか解説してた覚えがあるけれどサッパリだった。そこまで芸術に対して理解しているならば、楽しいだろうな、とだけ思えた。

何が言いたいかと言うと、モナリザの前の人だかりたちには、果たして芸術的価値を選別できているのか、甚だ疑問に思う。今とてつもなく米津玄師が熱いですね。lemonが爆発的に売れていると思います。でもそれは、有名になったから有名になったと言っても過言じゃないかも知れない。モナリザも、有名だから有名になったのかもしれない。有名だから、いい作品に違いない、と称賛し、手を叩く。その観念、概念的なものが払拭されない限り、観客たちには、一生をかけても良さを理解できないままで死にゆくだろう。lemonから米津玄師を知った人には是非、懺悔の街、首なし閑古鳥、Blue Jasmine、moonlight、loveを聞いて欲しいなあと思う。聞いた暁には、歌の感想を是非とも交換し合いたい。漠然とした、簡潔なままの感想で終わらせて欲しくないと、思う。1ファンとしての仄かな意見。

 

アーティスト達って大変だなあと心底思う。俺らみたいな有象無象、いわゆるパンピー達に作品を送り届けては、見当違いな批評されちゃってまあ可哀想に。モナリザの何が凄いかも知らない、知ろうとも思わない有象無象は、世の中に送り届けられた作品に土足で踏み込んでは理解し得ずに、何が良いかわからんわ、つって帰るような連中もいる。そんな連中に批評を喰らっては頭を下げてるとか、まあそれでいいかもな。完全にやってることモブやし、側から見たら完全にアーティスト側が主人公なんだよなあ。アーティスト側もそれを理解した上で謝ってるんかもな。そりゃ心に余裕できるわ。

 

作品を生み出すことの大変さっていうのは、どれほどなんだろうなあ。一回やってみるといいかもなあ。それで一回批評を大多数に喰らってみたらいいかもしんない。そこから初めて見える景色ってのがあるかもしんないし、無いかもしんない。俺が、今までテレビの前で、この芸人つまんねーなつって煎餅食ってた時間も、その芸人が切磋琢磨してネタ作ってた時間かもしんない。なにかを作り上げることすら知らないようなモブたちが、価値すら問われたことのないような人間たちが、つまんねーの一言で、1人のつまんねー人間を作り上げてしまう。なんとも末恐ろしい世の中に生まれたんだろうなあ。

 

そうやって文句を垂れ流すなら、作品を生み出す側に回らずに、ただただ世に出た作品を批判し続ければいい、簡単なことだ。そうやって作品を生み出す価値、苦難や創造性すらも涵養されないまま図体だけ大きくなっていけばいいんだ。そんな場所だけとった図体たちに批判されて、何になるってんだ。養われた素養もセンスすらも無い有象無象に価値をレッテルを貼られて打たれる出る杭たちは今もどこかで地中に埋まっているのかもしれない。それを掘り起こすのは、それを理解し得る、作品を生み出す側の人間だろうと勝手に思う。

 

まあそれもこれも、自分は出る杭でありたいと願うばかりの私の戯言で、これから生み出そうと思っている 何か に批判をして欲しくないための一種のメタ発言てきなものだ。余裕がなさすぎる。でもこれは仕方がないことなんだ。どうしても問いたかったんだ。一個質問するわ。

 

もし、あなたがセンスあると思ったミュージシャンが、音楽の巨匠的な人(坂本龍一鳥山雄司亀田誠治etc)にセンスないと言われていたらどうする?自分のセンスを疑う?もしくはそれでもいいから応援する?

たぶんそれでもいいと思う人が大半やろうけど、それでもいいの?センスがないって間接的に言われてるようなもんやん。それでもセンスを持ち合わせないまま生きていくの?センスがないまま、子供を産んで、センスのない子供が出来たら可哀想やな。いやそれは言い過ぎやけども。

 

まあとりあえず言いたいこととして、何か意見を持った時、自分を一度疑って欲しい。自分は口出しするに値する人間かどうか、一度見直して欲しい。見当はずれな意見を持ち合わせていないかどうか、見直して欲しい。なにかを生み出す苦悩を一度、発言の前に考慮して欲しい、理解して欲しい。そして改善点などを列挙して欲しい。建設的な意見をして欲しい。そしてなにより、意見をしたからには逃げないで欲しい。お前の意見汲み取ったら失敗したやんけってなった時に、絶対に逃げないで欲しい。意見することに、ある程度の責任を背負って欲しい。

 

よく理解もせずに口だけ挟むことがどれだけ楽なことなのか。別にそんな奴に聞く耳持たんくてええやんって思うけどやな、見当違いでセンスない意見を言われたら、わりと腹立つやろうな。だってほんまにセンスある奴なら、その分野でとっくに成功してるもんな、センスのない奴に何がわかるんやろうなって感じやろうな。じゃあお前がそれでやってみろよってな。それで一蹴できてしまうのも一つの問題やな。発言が軽すぎる。

あと保身しながら意見する奴、知らんけどって付け足す奴。なら意見すんなよ最初から。意見してへんのと一緒やんそれ。どんだけ〜。

 

意見するに相応しい人間ってどんな人物なんだろうね。千差万別、十人十色、多種多様な人間がいるなかで、いろんな意見があるはずだ。正解なんて無いに等しい。その意見の中で光るものを選ぶのはきっと、創造主に違いない。けれども、膨大な意見の中で選民するのも面倒で手間のかかるこった。本当に創造主のことを思いやるつもりなら、その手間の負担を和らげるために、もう少し慮る必要があるんじゃないかな、と思うよ。まあ長々と失礼しやした。なんの話やねんこれ、書いたら長くなったわ。以上、掃き溜めからでした。

 

ps.途中から価値とセンスが混同してて読み辛いやろけど、描き直すんダルい。すまんな。

アクアリウム

魚。自分の心を言い表すには十分過ぎる表現だ。私のアクアリウムにはどんな魚が居て、どんな水草、石、エアレーション、そして澱。毎日のように正負関係無くエサという名の出来事が身体に入り込む。そのエサがきっと体内の魚に影響を与えては、掻き乱す。揺れ動く心情の終着点に一喜一憂する私たち。大団円で終わって欲しいのは人間のサガ。負ばかりが取り込まれれば、いつかは息が詰まり、生が途絶えてしまうのではと危惧してしまう。杞憂だったねと言える日はいつ訪れるのか。

 

最近あれですね、日大がホットな話題になってますね。宮川選手は同い年やから、なんかこう頑張って欲しいって思うよね。応援してしまう。周りが何を言おうと無視して、自分が正しいと思う道へと進んで欲しい、彼には。

タックルしてしまった宮川君も悪いとも思うけれども、もしもタックルしていなかったら、とか考えると、それはそれでひどく末恐ろしい未来になっていたかもとかも思ってしまう、その時点で一概に加害者って言えないんじゃないかって。そのような(タックルするしかない)状況を作り上げた、誰かも悪いんじゃないかって。まあ結果的にタックルしてんだから彼も悪い、とか言う奴〜、絶対文化部。運動部に所属したことないと思うわ。別に文化部さんを批判するわけじゃないけど、実際自分がその状況下に置かれた時、どんな行動を取れるのか是非見たいもんだよね。

 

日大の件関係なく、外野っていっつもうるさいですね。当事者でもないのにガヤガヤと、みんな暇なんだなあと思う。まあ俺もそのうちの1人なんだけど。そんなに人を非難、悲観できるほどいつから偉くなれたんだ。自分の心配すらできない人間がどうしてこうも人にあれこれ口出しできるのか謎。これもブーメランだけれども。

 

いつから人を非難できるようになるんだろうね。あいつはアホやなとか、君はそういうとこがダメなんだよとか、世の中に蔓延った、最早一種の定型文と化した蔑みや批評の言葉が当たり前に飛び交っている毎日。当然、俺も思うことは思う時はあるけどね、あいつはここはダメだ、とか。それを言っていいのかどうかわからない、最近の悩み。非難できるほどの人間なのか私は。

 

それでも言わないのも間違ってるとも思う。本当の思いを閉ざしたまんま、友達はその悪い部分の改善がされないまんま、そんな付き合いに意味があるのだろうか。口出しして友人関係に多少の軋轢は生まれるだろうなあ。寛容できるって決めつけるのはいつも言う側だからなあ。言われる側はたまったもんじゃない、と思うよ。言い合うことができて、お互い切磋琢磨できるのがホンモノの関係なんだろうなあと思う。

 

友達の悪い部分に目を当てないよう目を塞ぐけれども、それでもいつも私の魚を掻き乱すんだ。ならいっそ言ってしまえば楽になるってのも、自分のエゴ。楽になるのは自分だけだからね。利己的に友達を動かしたいだけのように見えてしまう。会うたびに澱が蓄積して、いつかは私のアクアリウムを埋め尽くすんじゃあないかって、そんな心配もする頃には疎遠になっていることを願うばかり。まあそこまで鬱積はしないだろうと思う(願う)けれども、どちらか先に支障をきたす前に、直接的被害を被る前に、言っておけばとならないように、お互い正しい選択をするべきだなあと思う。

まあそんなこんな言っている間にも、とやかく言われてんだろうなって思う。外野は黙ってろ。この強気な姿勢で言ってみよか、いや無理やわ。

pile

ブログを始めてから早一年が経過した。

一年という歳月で積み上げた断層から築き上げられた今の自分は、あなたの目にどう写る。いわばミルフィーユ的なあれ。

 

1年が経過して現在アクセス数が約1600ちょいで、とりあえずまあ見てくれてあざます。自分では思ったより更新したなあと、自分の性格上めんどくさがりだとわかってるから続かないうえ、どこか途中で放り投げるだろうなあと思っていたけれども、なんとか、ね。まあ続いたというか、ハンターハンターの連載みたいなもんで、たまに更新するだけで続けた年数は上乗せされていく的な。

 

1年を通して言われてきたことの一つなんだけど、背伸びしてる感。難しい言葉や言い回しがどうもそのように感じさせたのかと解釈してるし、実際背伸びしてるからしゃーない。その通り。でも心中そんなことで鼻についたり角が立ったりするのかと少々困惑したのも憶えている。それは言わせてもらうと、自分が掲げていた目標の一つとして語彙を増やすっていう目的も多少なりには絡んでいるからである。輪郭がボンヤリとした曖昧な描写の言語化をする際にはよくgoogle先生を使った。そのおかげもあってか大学のレポートとかで活用したりする語彙が圧倒的に増えたなあと実感している。それに普通に語彙多い人ってカッコいいって勝手に憧憬の念を抱いてたっていうのもある。

かつての先人、この場合だと小説家やなにかを執筆する人に該当するだろうけれど、俺と同じことを言い続けられてきたのだろうかと甚だ疑問に思う。放縦な様を演じられればそれがベストなんだろうけれど、どこか仮面を被った振る舞いが垣間見えるのがプロとアマの決定的な違いなのだろうと納得する。そのプロは処女作から気取った文章だと言われていたのか、とかまあこれはアンチが湧きそうだからこれくらいにしておく。俺は俺で頑張るよ。

 

個人的には思ったよりアクセス数が多くて驚嘆している。我ながら素晴らしいブログを実は書いていたのではとか思ったり思わなかったり。

ブログを始めた当初は友人間で文字だけとかつまらんとか言われるだろうなあとか(実際に言われた)思っていたけれど、続けるうちにこれはこれでオモロイ、らしい。

文字を綴ることで生まれる世界、文字しか表現要素が無いから人によってはあらゆる解釈が生まれるのが美しく、それが純粋に興味深いっていう個人的な考えで、それであらゆる意見を投げ掛けては生まれる軋轢や齟齬、それが情緒深いって思ってた。だからこんな感じのブログになった。

 

これからもブログを続けるかはわからんけれども、文字を綴ることで生じる何か(わびさび?エンターテイメント?)があればいいなと思ってとりあえず「舟を編む」のアニメでも見て語彙力でも鍛えようかなあ、とだけ。以上。

途中経過

春になりつつありますね。上着もいらねえなあと最近羽織るものもやっとこさ落ち着いてきたと実感が湧くほど。

 

感想とか聞きたいだけなんだ。ドロップボックスとかダウンロードしてる人あんま見たことないけど下記のリンクでたぶん聴けると思うから聴いてほしい。ただの弾き語り1分30秒程度の、なんとも言い難い産まれたての子鹿のような稚拙なクオリティだけれども、まあ聞いて欲しいってのが本音の音。

現段階でどのくらいまで歩いてこれたのかわからん。これからも歩くつもりではいるけれども。この歌を載せることで変わることがあるならば、目的地に辿り着けるのならば喜んで載せよう、感想聞きたし、待っていよう。

https://www.dropbox.com/s/wav9diaq1tx1mki/新規録音 326のコピーのコピー.m4a?dl=0

 

ちなみにサビでギターミスってる。

最強の盾

言い訳は生涯において森羅万象付いても離れないパートナーだなあと最近つくづく思う。近代芸術とかを美術館とかで眺めてはアバンギャルドを盾にして、踏襲できない技術や理解を自己満足という形で世に送り込み小銭を稼ぐような人種も少なからずいるということを知ってから考えるようになった。これが自分なんだと、私は美の革新を追究した憐れな被害者の一人なんだとでも言いたげな作品を見て、ただただ虫酸が走る。

 

作品一つ一つを総括して便宜的に近代芸術と呼称してはいるが、特にこれといった作品も網羅しているわけでなく、物見遊山でチラホラと頭に入れずに鑑賞しただけなので、冒頭の近代芸術を悲観したような目で眺めている件は、言うなれば話題提供のようなものなので忘れて欲しい。

 

とりあえず言い訳がましくなるのも嫌なんで率直に言うけど、2月ブログ更新できひんかった、謝りはしやんけど面目無い。謝りはしやんのは期待して読んでる人とかおらんと思ってるから、嫌な言い方やけど。とりあえず情けないよな。1月に書いたブログで月1とか謳ったわりにこの結果ですよ。だってブログ書くん面倒いもん。春休みゴロゴロしたいもん。なんで文章なんか書くことに時間割かなあかんねんとか意義とか求めてたらいつのまにか記憶からブログとか消えてた。いやー、趣味って楽しいよね。春休み最高だもん。毎日のようにゲームして漫画読んでギター触って。今日はカラオケ行ってきた。明日は梅田行く。明後日は何しよう。ほら、ブログとかもう忘れてると思うその頃には。

 

一応作曲活動の一環として作った歌を弾き語りできるようにコード添えたり練習したり録音したりとかしてるんだ。頑張るんだ。言い訳はしないと決めてたけどこれは言い訳じゃないんだ。世間が勝手に納得してくれるように、許してくれるように行動の欠陥の辻褄を合わせようとしただけなんだ。意味はわからなくていいんだ。意味がわかるのは俺だけでいいんだ。忙しかったって言えば嘘になるけど、忙しない日々はそれほどに過ごしたと思うんだ。

 

タイムリープ

今流行りのJ-POPやらなんやらで部屋の壁を律動させながら1人ポツンとビールでもチビチビ飲んで酒気を帯びたまま小説を片手にパラパラとページをめくる。時の流れは既にポケットの中にクシャクシャに丸め込んで、朝が訪れると同時にポケットの中から憎いほど陽気に顔を出す。それが小さな幸せであると程々の自覚があるからこそ、やめられない止まらない改善の兆しは現状ない。

 

時の流れが嫌というほど憎い。早く大人になりたいと願っていたあの時には気づけない、幼少時代の大切なあの時間はどれほど天に手を仰いだって返ってはこない。努力が足りなかったと気づかされ嘆く毎日の今だからこそ、幼い頃に人格や能力を養成しておけばと歯ぎしりしすぎて歯並びが曲線の波を打つ。追いかけっこやドッジボールをして潰した時間の数々は、今もなお還元されずに秘蔵なものとして、どこか身体の底の方に埃被って深く眠りについている。

 

だからといって自分にもし子供ができた時に、何が正しいかって、将来何をするべきかって、んな判断力すら養ってない、人格すらも形成過程の途中って幼少期に、例えば「英語力を養うべきだ!」って子供に叩きつけて、本当に子供がやりたいと思う意を蔑ろにして無理くり英会話スクールに通わすなんてことしたくないよなあ。それじゃあ父親の後悔を全て押し付けたただのモルモット、お父さんの期待に応えまいと重圧を背負ったモルモットの背中を見つめて満足する大人にはなりたくない。自分の思いや意見を押しつぶされ、親の理想を描いただけの操り人形は一体何を思う。

 

 サカナクションのボーカル山口一郎が言っていた。18歳までの体感速度と18歳から定年(80歳だったかもしれない)までの体感速度は一緒らしいと。あぁ嫌だ嫌だ。実質もう人生の半分を通り過ぎてしまったわけだ。その事実から今もなお目を背けようと必死に虚空を眺めては朝が訪れる。朝が訪れると共に襲われる自責の念に駆られては、一度は伺う反省の色。喉元を過ぎれば熱さを忘れるらしい。時間は有限と知りながら朝を待つ直人は今日も時が過ぎるのを眺めるだけ。