タイムリープ

今流行りのJ-POPやらなんやらで部屋の壁を律動させながら1人ポツンとビールでもチビチビ飲んで酒気を帯びたまま小説を片手にパラパラとページをめくる。時の流れは既にポケットの中にクシャクシャに丸め込んで、朝が訪れると同時にポケットの中から憎いほど陽気に顔を出す。それが小さな幸せであると程々の自覚があるからこそ、やめられない止まらない改善の兆しは現状ない。

 

時の流れが嫌というほど憎い。早く大人になりたいと願っていたあの時には気づけない、幼少時代の大切なあの時間はどれほど天に手を仰いだって返ってはこない。努力が足りなかったと気づかされ嘆く毎日の今だからこそ、幼い頃に人格や能力を養成しておけばと歯ぎしりしすぎて歯並びが曲線の波を打つ。追いかけっこやドッジボールをして潰した時間の数々は、今もなお還元されずに秘蔵なものとして、どこか身体の底の方に埃被って深く眠りについている。

 

だからといって自分にもし子供ができた時に、何が正しいかって、将来何をするべきかって、んな判断力すら養ってない、人格すらも形成過程の途中って幼少期に、例えば「英語力を養うべきだ!」って子供に叩きつけて、本当に子供がやりたいと思う意を蔑ろにして無理くり英会話スクールに通わすなんてことしたくないよなあ。それじゃあ父親の後悔を全て押し付けたただのモルモット、お父さんの期待に応えまいと重圧を背負ったモルモットの背中を見つめて満足する大人にはなりたくない。自分の思いや意見を押しつぶされ、親の理想を描いただけの操り人形は一体何を思う。

 

 サカナクションのボーカル山口一郎が言っていた。18歳までの体感速度と18歳から定年(80歳だったかもしれない)までの体感速度は一緒らしいと。あぁ嫌だ嫌だ。実質もう人生の半分を通り過ぎてしまったわけだ。その事実から今もなお目を背けようと必死に虚空を眺めては朝が訪れる。朝が訪れると共に襲われる自責の念に駆られては、一度は伺う反省の色。喉元を過ぎれば熱さを忘れるらしい。時間は有限と知りながら朝を待つ直人は今日も時が過ぎるのを眺めるだけ。

サイクル

新年明けてしまっておめでとうございやす。毎年毎年、年を跨ぐ心の準備も置き去りのまま正月がやってくるってもんだから、胸の秘奥に潜む残滓のようなものを抱えたまんま新年を迎えてしまう。まあそれほどに時の流れは速い。速いなあとため息をついている暇もない。去年やり残してしまったこと、まだ手付かずのままの課題、今年ことはと踏み出す新天地、口だけの抱負ばかり謳ってないで少しは老体にムチ打って身体を動かしてみようかなと、これも口だけなんだけど。リクライニングチェアーでも買おうかなあ。

 とまあ抱負だけでも語って今回は簡素に締めたいなあとここまで書いてる段階では思っているのですが、抱負と聞いて自分の飛躍するべき要所もすぐには出てこない。出てこーい。

 

とりあえず1つ目標として、「月1はブログ更新する」です。折角始めたんだから、重い腰をやっとこさフルトン回収して浮かび上げたんだからさあ、続ける価値とかはさておき、月1でもいいから更新するべきかなあと、価値は後々付いてくるものなのかなあと思った今日この頃。ブログで手に入ったものとか数えて見ると0に等しいけど、気づいてないだけで涵養されたものがきっとあると信じたい。

 

2つ目は、「どういう形であれ自分の曲を作りたい。」どういう形であれってどういう意味だよって、そのままの意味でーす。最終的にそこに辿り着ければ俺の勝ち。俺名義でゴーストライター雇うとか、編曲者に出資するだとか、たぶん方法はいろいろある。手段問わず自分の曲を生み出せば抱負としては問題なし。たぶん。自分に甘いなあ。

 

ラストは、「抱負や課題を来年に持ち越さない」明日やろうは馬鹿野郎。来年やろうも馬鹿野郎だ。今年無理だったから来年に持ち越すことを今年から禁止にする。今年こそ名残なく良い年末が過ごせますように心からそう思う。

 

とかいって来年になったら、とかく理由をつけて言い訳するのが目に見えているんだ自分の性格上。20年過ごしてきたんだ、それくらいわかる。来年はどんな言い訳しているだろうか、来年再来年、翌年もどんな未来が待ち受けているだろうか。日々のライフサイクルが積み重なっての1年。出来不出来、1年を作り上げるのは自分自身だ。

 

SOS

遠く向こうに見えた景色は一面の青々。遥か先に薄く伸びゆく一本の水平線が空と海を分断するのが僅かに見える。降り立ったこの大地は何処だったかは覚えていない。歩いてきた道を辿ろうにも足跡なぞ、とうの昔から残ってはいなかった。どれくらいの時間ここに留まっていたのだろうか。遠く向こう、水平線に届くのは一体何億光年先の話なのか。

 

最近よく夢を見る。眠りについた時に見る夢とはまた違う夢。幼い頃夢見た、戦隊モノ、仮面ライダープリキュア。それが段々と体が大きくなるにつれて夢もまた変容してゆく。今はどんな夢を抱いてますか。少しずつ現実を知りゆく私たちは、きっと夢にまで投影されて現実味のある夢を掲げてゆくことでしょう。漫画家になりたいなあと思っていた幼きころ、もう二度とあの感情は抱けないのかと儚い思い、あの頃の少年の気持ちはもう何処にもいない。

 

最近、 人生は一度きりだなんて、ありふれたような言葉にふと足を止めてしまう。今まで気にも留めてこなかったような普遍的な言葉に突然足元をすくわれてしまった。

人生は一度きり。

その言葉通り人生は一度きり、ペルソナやロックマンのように周回できるもんなら長い目で見て叶えられる夢を掲げて生きていたいし、この世界の終わりを目にするまで、この世界に浸っていたい。

人生は一度きり。

この言葉の意味するところを考えながら夜更けが過ぎる毎日。どうせなら叶えられなかった夢や、思い残したことが無いまま生涯に終止符を打ちたい。人生は一度きりなんだから。

 

安定を求めるために、生き抜くために、生涯賃金を稼ぐために大学に入った。でもそれは自分の意に反しているに違いない。そこに自分の意思はない。モラトリアムの延長線上を求めて、世間一般の常識を尊重しての行動だ。きっと。じゃあ大学なんて辞めてしまって、自分の赴くままに動ければ、なんてことを最近思う。親御さんすごく悲しむだろうなあ。辞めちゃったら。辞めないけどね。夢が大成するなら別の話だけどね。大学は保険だ。

 

あなたの夢はなんですか?自分はこれをするために生まれてきたんだってものを抱いていますか?抱いた夢に突き進んでいますか?社会に出て、向こう40年働き続けて、叶えたい夢に割く時間すら手にすることができないかもしれないなんて、そんなの嫌だ。決断の日は近い。迫り来るタイムリミットと分岐点、大学の4年。自分は一体どんな道を歩み、終わりを迎えるのか。どうせなら笑顔でこの世から去ってゆきたい。

半年

なにかを始めるにしても4月ってのはとても縁起の良さそうで、春の香りが訪れると共に始めた何かが幸せのカケラでも運んでくれるだろうと一縷の希望でも抱きながらワクワクして花見でもするんだろうなあ。とまあその4月にブログを書き始めて早半年経つんですけども、いやはや更新も不定期さながらアクセス数は現在900アクセスですね🤘このブログを始めることによって自分にもたらした変化とうとう、あるのかと考えてみても、まあ簡単に見つかりませんわな。こういう変化とか、一人称視点からポーっと眺めていてもてんで気づかんもんで、人から変わったなって言われてから気づくもんだろうと思って未だに待機中。

 

半年くらいの数字が経てば自ずと以前の自分より変わった何かってのはきっとあるはずで、一辺倒に時間を賭けて造りあげた造形ってもんが身体に合致しているはずで。皆さんはいかがしてお過ごししましたか?この半年。半年前の自分と照らし合わせて違った光り方をしている部分は見つかりますか?何もしてこなかったって事はないでしょう。何もしなかったとか言う人でもきっと、第三者から見て変わった何かってのはきっとあるはずです。ほんまに何も変わってないとか言う人がいるなら一生そこで足踏みしてろ。

 

とか言う自分でもやっぱり半年じゃあ変わりきれないだろとか思うし、自分でもこの半年で変われるようなことを消費してこれたのかって自信のない解答しかできない。自分をよく知ってる周りの人たちの肩を揺さぶりながら、俺って変われたかな?半年前の自分と比べて。なんて手当たり次第聞いていくのもまた可笑しな話。ただこれだけは胸を張って成長したと言える部分ってのも見つかんないから致し方ない。じゃあ何の時間だったんだこれまでの半年はって思うのも、それも致し方ない。成長するには短すぎるが、変化も見えてもいい頃の時間なのかもね、半年ってのは。

 

でもそれもこれも何かを始めた人、かつ半年続けられた人にしか見えない世界ってやつで、両方達成できてない奴はつまり論外ってわけだ。ハンモックに揺られながらただただ過ぎ去る時間を眺めるだけの人間には程遠い世界ってことだ。自分はどっちの人間だ。あなたは。

作詞作曲

最近作詞作曲にハマっていて、とか言ってみたかった。してみたいことがあっても届かない、もどかしい事この上無い。ふと思いついたメロディーをボイスメモに記録することをし始め、はや1年ほどが経ち、数も現在200個以上が記録されている。がしかし、このメロディー達はまだ何者にも成れないままでいる。いつになったら羽を広げ、大空に羽ばたくのか、その時をいつまで経ってもまだその蛹たちは音沙汰無いまま。

 

メロディーのヒントから、AメロBメロサビ、少しずつ曲の全体を形作ってゆく。そして出来上がった型番に、歌詞という名の鉄を流し込む。でも、火を焚きつける能力を自分は持ち合わせていない。残念だ。非常に残念。自分の焦燥もまた無下にするような天命。こんなことなら最初から始めなければ良かった。無駄。無駄だった。ボーカルの部分だけを作り上げてしまっても、バックグラウンドが無ければ曲として完成していない。アカペラでやるか、いっそのこと。

 

と長ったらしい前述も全て嘘。いや半分嘘。ただ単に知らないだけ。バックグラウンドを作る方法も編曲する方法もコード進行すらさえも作る方法もどんな器具を使えば曲を創れるのかも知らないから作れない。ならこれから知ればいい、とか簡単に言ってくれるよね本当に。頼れる人がいるなら頼りたい今すぐにでも。

 

手をつけ始めてから見えてくる限界や壁、次へ進むための道、それがどんな険しい道のりだとしても進む勇気や覚悟が如何せん足りないし、面倒くさい。射幸心だけで乗り切れる壁があるのなら、皆喜んで走り高跳びするだろうなあと、プカプカ煙草燻らす午前5時。これからどうしようか。