半年

なにかを始めるにしても4月ってのはとても縁起の良さそうで、春の香りが訪れると共に始めた何かが幸せのカケラでも運んでくれるだろうと一縷の希望でも抱きながらワクワクして花見でもするんだろうなあ。とまあその4月にブログを書き始めて早半年経つんですけども、いやはや更新も不定期さながらアクセス数は現在900アクセスですね🤘このブログを始めることによって自分にもたらした変化とうとう、あるのかと考えてみても、まあ簡単に見つかりませんわな。こういう変化とか、一人称視点からポーっと眺めていてもてんで気づかんもんで、人から変わったなって言われてから気づくもんだろうと思って未だに待機中。

 

半年くらいの数字が経てば自ずと以前の自分より変わった何かってのはきっとあるはずで、一辺倒に時間を賭けて造りあげた造形ってもんが身体に合致しているはずで。皆さんはいかがしてお過ごししましたか?この半年。半年前の自分と照らし合わせて違った光り方をしている部分は見つかりますか?何もしてこなかったって事はないでしょう。何もしなかったとか言う人でもきっと、第三者から見て変わった何かってのはきっとあるはずです。ほんまに何も変わってないとか言う人がいるなら一生そこで足踏みしてろ。

 

とか言う自分でもやっぱり半年じゃあ変わりきれないだろとか思うし、自分でもこの半年で変われるようなことを消費してこれたのかって自信のない解答しかできない。自分をよく知ってる周りの人たちの肩を揺さぶりながら、俺って変われたかな?半年前の自分と比べて。なんて手当たり次第聞いていくのもまた可笑しな話。ただこれだけは胸を張って成長したと言える部分ってのも見つかんないから致し方ない。じゃあ何の時間だったんだこれまでの半年はって思うのも、それも致し方ない。成長するには短すぎるが、変化も見えてもいい頃の時間なのかもね、半年ってのは。

 

でもそれもこれも何かを始めた人、かつ半年続けられた人にしか見えない世界ってやつで、両方達成できてない奴はつまり論外ってわけだ。ハンモックに揺られながらただただ過ぎ去る時間を眺めるだけの人間には程遠い世界ってことだ。自分はどっちの人間だ。あなたは。